印鑑文化はすごく不思議

印鑑イメージ

日本では当たり前の「印鑑」。
印鑑って、すごくすごく大事な財産の管理に絶対必要なものですが、これに疑問を持ったことはありませんか?

実は、こんなに現代に印鑑が幅をきかせているのって、世界中で日本だけなんです。
それじゃあ、海外ではどうしているのかといえば、自署するのが基本。

もちろん国によっていろいろあるけれど、みんなが字を書ける国なら、まず間違いなく直筆のサインが日本での印鑑捺印に相当するものです。

サインが当たり前な海外の人から見れば、印鑑文化はすごく不思議。
だって、印鑑は盗まれるかもしれないし、偽造されるかもしれないでしょう?

直筆のサインって、そりゃ真似るのがとっても上手な人はいるかもしれないけれど、それは日本の印鑑偽造よりもよほど難しいこと。

日本にも「筆跡鑑定」があるけれど、かなりの精度で本人の筆跡かどうかってわかるものなんです。

「なのになんで日本人はわざわざ印鑑なんて不安定なものを大事な場面で使うの!?」と、不思議がられているわけです。そう言われてみると、ちょっと不思議でしょう?

実際、偽造印鑑による詐欺事件が相次いだからこそ、銀行の通帳から印鑑が消えたわけだし。
そうまでして、印鑑である必要はないんじゃないの?って、思いません?

それでも、誰も印鑑をやめようとは言わない不思議。(笑)
もしかすると、ずっと未来には今みたいな銀行印はなくなっているのかもしれないけれど、今のところは兆候すら見られませんね。

ページの先頭へ