「印鑑でなきゃダメ」というスタンス

銀行印イメージ

地方銀行はまだまだだけれど、実は一部大手銀行では、銀行印がなくても窓口取引のできるサービスが開始しているんですよね。

といっても、最初に口座を開設する時には銀行印が要るというケースも多いみたいだけれど。

でも、たとえば新生銀行なんかだと、印鑑ではなくサインでもOKだったりして、確実に銀行印が不要になる空気はできているんですよね。

確かに、日本の印鑑文化って、ものすごく変わっているし、そのくせ日本人でない人の居住がとっても多い国だし。

「印鑑でなきゃダメ」というスタンスは、今後の企業生き残り戦争にはマイナスになってくる可能性は高いかもしれませんよね。

でも、個人的には日本の印鑑文化は結構好き。
印鑑って、すごく美しいでしょう?

もちろん、百円の楷書三文判なんかじゃ美しいとは到底思えないけれど、銀行印や実印のサイズになると、かなり芸術的なものもたくさんあったりして。

そりゃね、実印は登録制で、平日昼間にしか開いていない役所へ印鑑証明を取りに行かなきゃならないとかいう煩わしさはあるし、盗難されて大騒ぎするようなケースもあるけれど、なくなって欲しいものではないのよね。

法人用の社印なんかは、個人の印鑑以上に細かくて美しいものがたくさんあるから、そういうものがなくなってしまうのは淋しい気がしちゃう。

法人の要職者には、もちろんまた違う思いがあるんだろうけどネ。
今後サインを使う人が増えていけば、はんこ職人ではなくサインデザイナーが儲けどきなのかも。

ページの先頭へ