印鑑は押せばいい

印鑑イメージ

今、日本の印鑑文化ってちょうど過渡期なのかな~、と思うのです。

地方銀行はキッチリ銀行印を必要とするし、不動産の売買や譲渡など大きな財産を動かす際にも実印が必要。

けれど一方で、大手銀行では銀行印の代わりにサインでも良しとしたり、キャッシュカードを持っていれば銀行印がなくても手続きが可能になったりしているわけで。

韓国でも、印鑑登録やめようって決まって、日本の不動産登記も電子登記になって……
この流れが、将来どんな風に変わっていくのか、ちょっと見物だなと思うんですよね。

ところで、今の日本人にとって、ほんとうに便利なのは印鑑だと思います? サインだと思います?
私は、案外印鑑なんじゃないかと思ったり。

なぜって、びっくりするくらい、自署を嫌う人が増えているから。
字が汚いというのがその大きなポイント。

もちろん、サインを考えてくれるデザイナーさんとか、古くからある「花押」というサインを作ってくれるところなんかもあって、練習すればそれなりに見られるものが書けるようになるかもしれないけれど、それぞれ結構な料金がかかるでしょう?その点、印鑑は押せばいい。

しかも、朱肉に毎回付けなくても、朱肉の内蔵されているワンタッチのケースも販売されているし、しかも印鑑は安いものがたくさんあるでしょ?

これからの経済格差と教育格差を考えると、意外と銀行印ってなくならないものなんじゃないかと思ってみたりして。

ちなみに私も、印鑑派です。
サインも欲しいケド。

ページの先頭へ